レシピ

ZIPで家でできる肉タワー鍋・焼肉・野菜・寄せ鍋を作るテクニックを紹介

2020年3月6日放送のZIPでお家でプロの味おいしい焼肉の焼き方が紹介されました。

 

家でできる肉タワー鍋のテクニック

SNSでも人気の映え鍋として有名な肉タワー鍋をお家で美味しくする方法を教えてくれたのは、料理研究家の安井レイコさんです。

 

家で美味しくできる肉タワー鍋の材料

  • 豚バラ肉:400g〜500g
  • キャベツ:1/2
  • もやし2袋
  • お好みのめんつゆ:2カップ

家で美味しくできる肉タワー鍋の作り方

  1. 鍋にキャベツをしきます。
  2. もやしを積み上げるように入れます。(20cmほど)
  3. 豚肉を縦にもやしをおさえるようにおきます。
  4. お好みのめんつゆや鍋の素を入れます。
  5. フタでつぶして5分煮込めば完成です。

 

家でできる焼肉テクニック

安いお肉は焼くとお肉が硬くなってしまいますよね。

 

そこで、教えてくれたのは、焼き方の達人、株式会社門崎代表取締役の千葉祐士さんです。

 

安いお肉が硬くなる訳ではなく、焼き方に秘密があるようです。

 

家で美味しくできる焼肉の焼き方

  1. まとめて片面だけ焼きます。
  2. 片面を焼いたお肉を積み重ねます。
  3. 重ねる順番を変えてまた片面だけを焼きます。

積み重ねることで、蒸し焼き状態になり、安いお肉の特徴であるすぐに肉の水分が蒸発するのを防ぐことができ、柔らかい仕上がりになるようです。

 

家でできる野菜を焼くテクニック

子どもが嫌いに野菜と言えば、ピーマン!

 

そのピーマンをホットプレートで美味しく焼く方法は、

 

  • ①ピーマンは切るな!
  • ②電子レンジで加熱せよ!

 

だそうです。

 

教えてくれたのは、レシピの達人リュウジさんです。

 

ピーマンは、切ると細胞が壊れて、苦味・香りの成分あ強く出るようです。

 

なので、ピーマンは切らずに丸ごと調理をして苦味を抑えます。

 

600wで約7分加熱することで、ピーマンが丸ごと蒸された状態になります。

 

苦味や香りの成分が蒸発し、本来の甘みを感じやすくなるそうです。

 

ホットプレートで焦げ目をつければ完成です。

 

他にも、たまねぎ・ニンジン・カボチャなど他の野菜でも可能ですよ。

 

家でできる寄せ鍋のテクニック

教えてくれたのは、一般社団法人日本鍋奉行協会顧問のマッキー牧本さんです。

 

ネギに2mm感覚で切り込みを入れる隠し包丁を入れるだけで味が染み込みやすくなり美味しくできるようですよ。

 

また、他には、エノキ・シイタケ・シメジなどのきのこ類は、塩水に10分つけ、オーブントースターで1分ほど焼くと、キノコに水分が浸透して食感が復活するそうです。

 

また、オーブントースターで焼くことで、旨味成分のグルタミン酸が凝縮されるそうです。

 

 

家でできる肉タワー鍋・焼肉・野菜・寄せ鍋を作るテクニックまとめ

ぜひ、お家で試してみてください。

 

-レシピ
-

Copyright© To Be blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.