【とくダネ】桜海老の釜炊き飯のレシピ。リュウジさん作り方を解説

レシピ

【とくダネ】桜海老の釜炊き飯のレシピ。リュウジさん作り方を解説

2020年5月4日

2020年5月4日放送のとくダネで桜海老の釜炊き飯のレシピ。作り方を解説をされました。

 

 

 

桜海老の釜炊き飯のレシピ

桜海老の釜炊き飯の材料

  • 生桜エビ:100g
  • タケノコ:1本
  • 菜の花:10本
  • 洗い米:450g

合わせ地(A)

  • 2番だし:600㏄
  • 薄口醤油:36㏄
  • 日本酒:36㏄
  • みりん:30㏄

合わせ地(B)

  • 八方地(一回沸かす)
  • 鰹だし:150㏄
  • 薄口醤油:15㏄
  • 日本酒:10㏄
  • みりん:15㏄
  • 塩:適量

 

桜海老の釜炊き飯の作り方

  1. 桜海老を洗い、水気を払い、素揚げにします。
  2. タケノコを米糠いりの水でボイル後、掃除して皮をむきます。
  3. 穂先を薄切り、根元を賽の目に切り分け(A)の地160㏄分で含ませ煮しておきます。
  4. 菜の花は適当に切り分け、色よくボイルした後冷ました(B)の地に浸しておきます。
  5. 土鍋に洗い米450g (A)の地540㏄ 地を切ったタケノコを入れたら強火で沸騰させ、沸騰したら弱火で15分炊きます。
  6. 一度火を止め、素揚げした桜海老を釜に入れ10分間蒸らします。
  7. 菜の花を色よく散らせば完成です。

 

桜海老の釜炊き飯のレシピをリュウジさんが解説

丁寧に作られているようで、菜の花も色よくゆがき、出しにつけておいて味をしみさせることや、タケノコの切り方にも変化をつけるなどの工夫がされている。とのことでした。

食べやすくすることで、食感さえも食材の切り方で楽しませるプロの技術が詰め込まれているようです。

まとめ

ぜひ、参考にしてください。

-レシピ
-

Copyright© To Be blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.