【主治医が見つかる診療所】血管ストレッチのやり方を家光素行教授が伝授

美容・健康

【主治医が見つかる診療所】血管ストレッチのやり方を家光素行教授が伝授

2020年5月21日放送の主治医が見つかる診療所で血管ストレッチのやり方を家光素行教授が教えてくれました。

 

 

血管ストレッチとは?

下半身には太い血管が通っているので、全身の血流をよくするのに効果的なようです。

ふくらはぎと膝裏が重要なようですよ。

血管ストレッチのやり方

〈膝裏〉

  1. ストレッチする足を前位に出して両手をひざの上におきます。
  2. 反対側の足を軽く曲げて膝を落とし、両手をおいたひざの裏を伸ばします。

ポイント

ひざの裏がしっかり伸びているのを実感するのがポイントなようです。

 

 

〈ふくらはぎ〉

  1. 立て膝をついて座り、反対側の足を外側に少し広げます。
  2. 太ももを胸で押すように体をゆっくり倒します。
  3. 30秒間キープします。(左右の足 両方行います。)

ポイント

なるべくかかとを上げないようにすること。

 

血管ストレッチの効果と理由

体硬い人は、血管が老化して血管が硬くなってしまう人が増えるようです。

ですが、血管はいくつになっても柔らかくなるようです!

血管をストレッチすることで太い血管を柔らかくすることで血流をよくして血管をしなやかにすることが期待できるようです。

全身の血管の健康状態の改善に期待できるようです。

 

まとめ

まさか、膝裏を伸ばすがポイントだったなんて驚きですね!

ぜひ、参考にしてください。

-美容・健康
-

© 2020 To Be blog Powered by AFFINGER5