美容・健康

プロフェッショナルでキャベツたっぷり広島お好み焼きのレシピ。市居馨さんの作り方

 

キャベツたっぷり広島お好み焼きのレシピ

キャベツたっぷり広島お好み焼きの材料

<生地(4~5枚分)>

薄力粉:100g

塩:ひとつまみ

牛乳:250ml

卵:1個

 

<具(1枚分)>

粉がつお or 魚粉:ひとつまみ

キャベツ:250g

天かす:5g

もやし:40g

豚バラ肉(薄切り):2~3枚

お好み焼きソース:適量

青のり粉:適量

 

キャベツたっぷり広島お好み焼きの作り方

  1. ボウルに薄力粉、牛乳、塩、卵の順に入れ、泡だて器でダマをほぐすように混ぜ合わせ、30分ほど休ませます。(牛乳と卵を入れると、生地を伸ばしやすくなり、作りやすくなるようです。)
  2. キャベツの葉を1.2cmに千切りにします。芯は約7mmで千切りにします。(柔らかい葉は幅広く、固い芯は少し細めに切り、焼き上がりの食感を調整します。)
  3. 160℃に温めたホットプレートにサラダ油をひき、(1)の生地をおたまで素早く20cmほどに広げ、粉がつお、または魚粉をふりかけます。(160℃より温度が高いと、生地がうまく伸びないようです。)
  4. 温度を250℃に設定し、3の上にキャベツをやさしくふわっと置きます。(キャベツとキャベツの間に隙間を作ることで蒸気の通り道ができ、早く焼けるようです。さらにキャベツの甘みが引き出せます。)
  5. (4)に天かす、もやし、豚バラ肉をのせ、1分ほど焼きます。
  6. ヘラで5を盛るときと同じようにやさしく裏返し、5分ほど焼きます。(蒸気の通り道を維持するため、できるだけ触らないで待つことが大切のようです。周りのキャベツが焦げてきたら、それを生地の下に入れ込むか集めて、お好み焼きの真下に来るようにしましょう。)
  7. ヘラの端で生地を上から押して抵抗感なく下がったら、キャベツが十分に蒸せている目安です。(春キャベツや寒玉などキャベツによって、最適な蒸し時間も変わります。そのことを考慮せずに仕上がりを判断できる手段です。)
  8. ホットプレートの空いているスペースに、ゆでた中華麺を置きサラダ油を少量たらし、軽く炒めます。
  9. (8)の上に、お好み焼きをのせます。
  10. ホットプレートの空いているスペースに卵を割り、ヘラでお好み焼きと同じ大きさに広げ、お好み焼きをのせ、裏返します。
  11. お好み焼き用ソースをかけ、青のり粉をふり、完成です。

まとめ

ぜひ、参考にしてください。

-美容・健康

© 2020 To Be blog Powered by AFFINGER5