大下容子のスクランブルで花粉症・ウイルスの鼻づまり予防&解消法を野中学教授が伝授

美容・健康

大下容子のスクランブルで鼻カイロなど鼻づまり予防&解消法を野中学教授が伝授

2020年3月3日放送の大下容子のスクランブルで花粉症・ウイルスによる鼻づまり予防&解消法が紹介されました。

 

教えてくれたのは、東京女子医科大学耳鼻咽喉科野中学教授です。

 

花粉症・ウイルスの鼻づまり予防&解消法

正しい鼻のかみ方

  • 強くかむ・両方の鼻を同時にかむのはNG

鼻の奥が耳とつながっているため中耳炎になる可能性もあるそうです。

 

  • 鼻翼(鼻のふくらみの部分)を押さえ片方ずつ「ゆっくり優しく」かむ。

 

正しい鼻をかむ姿勢

詰まっている方の鼻を上にすると、鼻の通りが良くなるようです。

 

例えば、左の鼻が詰まっているならば、左の鼻が上になるように横になり鼻をかみます。

 

外でもできる「鼻づまり」対処法

獨協医科大学耳鼻咽喉・頸椎部外科講師の今野渉医師によると。

 

例えば、左の鼻が詰まっている場合は、右の脇の下にボールやペットボトルを30秒ほど軽くはさみます。

 

握りこぶしを脇の下に挟むのもOK!

 

なぜ鼻づまりが解消するのか?

  1. 鼻づまりのある鼻とは逆の脇の下を圧迫します。
  2. 左半身の交感神経が活性化します。
  3. 鼻粘膜の血管が収縮します。
  4. 腫れが一時的に収まります。

 

鼻カイロのやり方

  1. タオルを40〜50℃のお湯につけ軽く絞ります。
  2. 鼻にタオルをかぶせ鼻呼吸をします。
  3. 鼻の血行改善により、鼻ずまりが解消されます。

ウイルスの繁殖や鼻粘膜への定着・炎症予防になります。

 

30程度ですが、時間がなければ10分程度でもOK!

 

鼻づまり対策「湿度」が重要

鼻ずまりを防ぐには、部屋の湿度40%〜60%を保った方が良い。

 

おすすめは100均のノーズボトルなどを使い、食塩水で花粉やウイルスを洗い流し鼻づまりを予防します。

 

鼻うがい<食塩水の作り方>

  1. 沸騰させ冷ました水250mlに塩小さじ1/2  を加え混ぜます。

体液に近い濃度なので痛みは内容です。

 

水道水は塩素が入っているので必ず煮沸してください。

 

鼻うがいのやり方

「あ〜」と言いながら、流し込んだ水は口やもう片方の鼻から出します。

 

 

まとめ

ぜひ、健康的な毎日をお送りください。

 

-美容・健康
-

Copyright© To Be blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.