にじいろジーンで食材の正しい保存方法を西川剛史さんが伝授

おすすめ情報

にじいろジーンで食材の正しい保存方法を西川剛史さんが伝授

2020年3月7日

2020年3月7日放送のにじいろジーンで食材の正しい保存方法を紹介。

 

冷凍生活アドバイザー/アクティブ野菜ソムリエの西川剛史さんが教えてくれました。

 

<<amazonで見てみる>>

 

食材の正しい保存方法

お味噌はラップをして冷凍保存が正しい!

冷凍するときは味噌が空気に触れないようにラップで表面を覆って蓋をするようにすると効果的です。

 

お店で売っている時が一番美味しい発酵具合のようです。

 

開封後の味噌は常温や冷蔵の状態だと酵母菌による発酵が進み味が変わって行ってしまうようです。

 

発酵しすぎると、米の甘みがへり、酸味やアルコール臭が出て、味や風味が落ちてしまうようです。

 

酵母菌が眠っている状態になれる冷凍保存がおすすめ!

 

ベストな美味しさをキープできるようですよ。

 

味噌は塩分濃度が高いのでー30℃まで温度を下げないと凍らないようです。

 

なので、解凍いらずですぐに調理できます。

 

開封後の醤油は冷蔵保存が正しい!

開封後は、すぐに酸化するので、冷蔵庫で光や温度を防ぐことで酸化を防ぐことができます。

 

お米は冷蔵保存が正しい!

温度が高いと酸化すると旨味が落ちるので、冷蔵で防いでください。

 

ちなみに炊いたご飯は炊き立てを冷凍してください。

 

炊き立てが一番美味しいんです。

 

その炊き立ての湯気が水分や美味しさを逃してしまいます。

 

なので、その湯気で旨味を逃さないように、すぐに冷凍しましょう。

 

もちろん、他の冷凍してある食材のために、別の部屋で冷凍しましょう。

 

例えば、急速冷凍室など温度が高い食材をすぐに冷凍できるのでおすすめです!

 

ない場合は、保冷剤で区切ったりすれば大丈夫なようです。

 

二日目以降のカレーはタッパーに小分けにして冷凍保存が正しい!

二日目以降のカレーには食中毒のリスクが実は高いんです。

 

二日目以降のカレーは具材の旨味が溶け出し、熟成されたコクと風味が生まれるので美味しいのですが、ウェルシュ菌(土壌に多く生息し、人参・ジャガイモなど野菜に付着していることが多い)が繁殖している可能性があります。

 

ウェルシュ菌は、100℃でも完全に死滅せず、20℃〜50℃で繁殖しやすいんです。

 

また、カレーはとろみがあり、冷めにくく、長時間程よい時間が保たれてしまいます。

 

調理後3時間以上放置すると、ウェルシュ菌が約100倍に繁殖しているようですよ。

 

なので、すぐに小分けして冷蔵庫で20℃以下に冷ましてください。

 

食べるときは、再加熱してしっかりと沸騰させてくださいね。

 

栄養の正しい料理方法

ゴマはすり潰して食べるのが正しい!

ゴマはすり潰さないと栄養を吸収しにくいので、すり潰しましょう。

 

ゴマは抗酸化物質のビタミンE・セサミン・カルシウム・鉄分が豊富です。

 

しかし、ゴマそのままだと、栄養を吸収できません。

 

かたい皮に包まれているので吸収されずに、そのまま出て行ってしまいます。

 

歯で噛み砕くこともできないので、事前にすり潰しましょう!

 

 

きのこは冷凍をすることで栄養価がUP!

きのこの旨味成分のグアニル酸は冷凍することで増えるんです!

 

使用する時が、解凍せずに冷凍のまま調理に使いましょう!

 

解凍してしまうと、ドリップと共に旨味成分が流れ出てしまいます。

 

まとめ

ぜひ、参考にしてください。

-おすすめ情報
-

Copyright© To Be blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.