土曜はナニするでやせる出汁の作り方を工藤孝文先生が伝授

美容・健康

土曜はナニするでやせる出汁の作り方を工藤孝文先生が伝授

2020年6月27日

2020年6月27日放送の土曜はナニする?でやせる出汁の作り方を工藤孝文先生が伝授してくれました。

 

やせる出汁の作り方

やせる出汁の材料(1人/2週間)

  • 鰹節:30g
  • 刻み昆布:10g
  • 緑茶の葉:5g
  • 煮干し:10g

やせる出汁の作り方

  1. ミキサーに刻み昆布と緑茶の葉を入れます。
  2. 煮干しをフライパンで空炒りします。(水分がよく飛ぶように砕いて入れます)
  3. 煮干しがパチパチ鳴り始めたらかつお節をフライパンに入れます。
  4. かつお節が軽く握るだけで崩れるようになったら、(4)をミキサーに入れて(1)と混ぜます。

やせる出汁(大さじ1)とお湯150〜200mlを毎朝飲めば効果が期待できるようです。

 

やせる出汁の効果と理由

鰹節は、ヒスジンが豊富で食欲効果を高めるようです。煮干しには、体脂肪を燃やす、EPA DHAが豊富。刻み昆布は幸せホルモンを分泌させるグルタミン酸が豊富。緑茶にはドカ食いを防ぐテアニンが豊富のようですよ。

個人差はあるものの2週間で味覚が変化して、濃い味が苦手になるようです。

 

デブになってしまう原因とは?

一番の原因は味覚のようです。

その名もデブ味覚。

デブ味覚や濃い味やコッテリした味を好む味覚のことのようです。

糖分や脂が好きなのもそうらしいですよ。

甘いものをつい食べてしまうのは、ドーパミンの不足が原因のようです。

ドーパミンは快楽物質言われていて、味の濃いものを感じると幸福感を得られるドーパミンが出てしまうので、食べすぎてしまうようです。

 

まとめ

ぜひ、参考にしてください。

 

 

-美容・健康
-

Copyright© To Be blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.