【主治医が見つかる診療所】タオルエクササイズのやり方を日比野先生が紹介

美容・健康

【主治医が見つかる診療所】タオルエクササイズのやり方を日比野先生が紹介

2020年4月30日放送の主治医が見つかる診療所でタオルエクササイズのやり方を日比野先生が紹介

 

 

タオルエクササイズのポイントは褐色脂肪細胞だそうです。

基礎代謝に関係している細胞のようです。

体内に溜まった脂肪を燃やして熱を発生させてくれる細胞のようですよ。

この細胞を刺激することで、痩せやすい体質になるようです。

 

タオルエクササイズのやり方

タオルリフティング体操

  1. 足を肩幅に開きます。
  2. タオルを骨盤よりも拳一個分外に持ちます。
  3. タオルを持ち、背中側に下げます。(肩甲骨の筋肉を意識します。)
  4. 上げ下げを繰り返します。

20往復を1セット1日2セットでOK!

あげる時に息を吸い、下げる時に吐きましょう。

タオルぎゅっぎゅ体操

  1. タオルを背中に回してギュッと張ります。
  2. 脇の下にタオルをハサミます。
  3. 肩甲骨の動きを意識しながら左右にひねります。

20往復で1セット1日2セットでOK!

肩甲骨を大きく動かすことが大切なようです。

お風呂あがりに体をふくついでにできるようですよ。

 

タオルエクササイズの効果と理由

上半身の血流がよくなり、肩こりの改善につながります。

また、肩のまわりを動かすことで、褐色脂肪細胞に関係性ているようですよ。

肩甲骨の周りの褐色脂肪細胞を活性化させる可能性もあるようです。

褐色脂肪細胞は、首の周りや肩甲骨の周りに多いので、肩を動かすことで、効果的に刺激できるようです。

 

まとめ

自宅ですぐにできるので嬉しいですね!

ぜひ、参考にしてください。

-美容・健康
-

© 2020 To Be blog Powered by AFFINGER5