【マツコの知らない世界】東京ディズニーランド(リゾート)の秘密を風間俊介さんが紹介

おすすめ情報

【マツコの知らない世界】東京ディズニーランド(リゾート)の秘密を風間俊介さんが紹介

2020年5月5日放送のマツコの知らない世界で東京ディズニーランド(リゾート)の秘密を風間俊介さんが紹介してくれました。

 

 

東京ディズニーランド(リゾート)の秘密

風間流歩き方:左回りでパークを見て回る

左から歩くことで、文明が発展していくアトラクションの良さを楽しめるようです。

 

ロイヤルストリート

実はアトラクションの入り口がないものの、建物の作り込みが素晴らしいようです。

街並みはもちろんのこと、2階部分はバルコニーになっているのですが、ゲストは入ることができない完全な観賞用のようです。

そんな二階部分の作り込みに情熱とイマジネーションを感じられるのですね。

 

シンデレラ城

風間俊介さんいわく、芸術作品として眺めることができる建造物だそうです。

また、見る場所によっても見え方が変わってきて味わいを感じられるようですよ。

スティッチエンカウンターの脇道の行き止まりになっている場所にベンチがあるのは、シンデレラ城を見るためのものかもしれませんね!

シンデレラ城の柱は下から上にかけて石が小さくなっているようです。

シンデレラ城は51メートルあるようです。上にかけて細く小さく作ることで、大きい印象をあたえる作り方で作っているようですよ。

 

トラッシュカン

エリアごとに空気にとけ込むトラッシュカン。

一切、世界観を壊すことなく、トラッシュカンを置くことができるんですね。

 

ラケッティのラクーンサルーン

昔チカピンヒルには、ダムがありました。

ラケッティは密造集を作っていて、その密造酒の蒸留器が爆発して、そのダムが決壊してしまい、その結果、スプラッシュマウンテンができたようです。

そんなラケッティは反省をして密造酒を作るのをやめて、お店をオープンしたのが、ラケッティのラクーンサルーンだそうです。

 

プロメテウス火山

地質学者の方の研究に夜と、海底で噴火を繰り返し、プロメテウス火山ができたのではないかという研究があるようです。さらに、その証拠となる地層もしっかりとディズニーシーでは作り込まれているようですよ。

 

 

まとめ

もっとディズニーランドが楽しくなる秘密がたくさんでしたね!

ぜひ、参考にしてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-おすすめ情報
-

Copyright© To Be blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.