この差って何ですかで、ユニクロでオシャレな着こなしのテクニックを紹介

おすすめ情報

この差って何ですかで、ユニクロでオシャレな着こなしのテクニックを紹介

2020年8月18日放送のこの差って何ですかで、ユニクロでオシャレな着こなしのテクニックが紹介されました。

 

ユニクロでオシャレな着こなしのテクニック

オシャレに見えるYIAの法則

 

ポイントはサイズのようで、体の線を大きいサイズで隠した方がカッコよく見えるようです。

ズボンは細い見た目にするとより効果的のようですよ。

 

もちろん、色もポイントで、上半身を膨張色で下を収縮色にするものテクニックのようです。

 

上半身がぽっちゃりしている人は、上はオーバーサイズで、下はタイトにするのがおすすめのようですね!

この組み合わせでYのシルエットにするのが良いようです。

 

下半身がぽっちゃりしてる方は、上はタイトでしたに広がりのある服でAのシルエットに!

 

スタイルに自身がある人は、上下共にタイトにするのが良いようですよ。

 

自分に似合う色の見つけ方

自分に似合う色は生まれた時に決まっているようです。

その真相は、手のひらの色でわかるようですよ。

暖色系の色は手のひらが黄色がかっている黄色や赤・オレンジなどイエローベースの人が似合うようです。

手のひらが赤紫がかっている人は、ブルーベースと呼ばれている人で寒色系の青系が似合うようです。

 

錯覚でコンプレックスを隠す

ゲシュタルト群化

ズボンと靴、靴下を同じ色にするとつながって見えるので足が長く見えるようです。

 

シャツをズボンの中に入れる。

ズボンの部分が長く見えるので足が長く見えるようです。

 

バイカラー錯視

横に分割するよりも縦に分割する方が縦のラインで細長く見えるようです。

ジャケットなど上に切ることでカラーを縦に分断できますね。

 

オッペル・クント錯視

ボーダー柄を入れて縦長に見える効果のようです。

そのボーダー柄をセンターの部分だけに見せれば良いようです。

 

まとめ

ぜひ、参考にしてください。

 

 

-おすすめ情報
-

© 2020 To Be blog Powered by AFFINGER5