金スマで東大王の頭が良くなる方法を15の秘テクで紹介

おすすめ情報

金スマでケネックスなど東大王の頭が良くなる方法を15の秘テクで紹介

2020年3月13日

2020年3月13日放送の金スマで東大王の頭が良くなる方法を15の秘テクで紹介されました。

 

東大王を育てたおもちゃ【ケネックス】

<<amazonでみてみる>> 

 

頭が良くなる方法の15の秘のテク

その1:好きなことをさせる。

「勉強をしろ!」と言われたことはないようです。

 

子どもが興味を向ける物に触れさせる環境が好奇心を育ててより知識や経験を増やそうと思えるようになったのですね。

 

 

その2:子どもが興味みもったことに大人も全力でつきあう。

人に言われて覚えることよりも、自分から進んで獲得した経験や知識の方が頭への入り具合が違うようです。

 

その経験を大人が一緒に大切にすることが重要のようですね。

 

その3:さりげなく興味をそそる物を置いておく。

まずは、いろいろな物を与ながらも、その中で興味をむけた物に関連する物を与るとより意欲や経験がますようです。

 

その4:大人も好奇心をもつ(勉強をする)。

子どもは大人を見て育ちます。

 

大人がその模範となる姿を見せれば子どももその姿を目にして、子どもも様々な経験や知識を獲得できますね。

 

その5:しりとりをよくする。

語彙力をあげるとても効果的な遊びのようです。

 

特に語尾を同じにして子どもに考えさせる作戦も有効のようです。

 

しりとりで勝てるように、自然と言葉を調べる意欲がまして、それが知識になるようです。

 

その6:様々なジャンルの本を読む。

子どもの興味を示した本を手元に届く場所におくことで、読む機会が自然と増えるようです。

 

その7:積極的に手を上げて発言をする。

相手に伝えようとする努力は、語彙力や言語能力がアップします。

 

子どものその意欲を無駄にせず、その努力している姿を認めてあげましょう。

 

その8:予習を習慣にする。

復習はあくまで、足並みを揃えるだけですが、予習は誰よりも先に進める作業です。

 

子どもが優越感を得ることで勉強が楽しくなるようです。

 

さらに、授業が復習になるのでより効果的な学習ができるようになります。

 

その9:板書をそのままのレイアウトで写す。

ノートをとることに、無駄に意識を向けなくなるのだそうです。

 

先生の書いた文字や配置をそのまま書くことで余計な労力を使わなくなるようです。

 

その10:誤字もそのまま書き写す。

変に自分なりに編集するよりそのまま書き写すことで、その時の状況や雰囲気も思い出せるのでより効果的な記憶になるようです。

 

その11:物語として覚える。

科学の元素記号など自分なりにキャラ設定をつけたり、歴史では臨場感を体感しながら覚えることで、効果的な学習ができるようです。

 

その12:自分に制限をかけて勉強する。

タイマー式勉強法というのがあって、残り時間を可視化することで、集中力を高める方法があるようです。

また、自分の部屋より、誰かの目がある方が集中できるようですよ。

 

その13:英語のアニメと英語の絵本で遊ぶ。

勉強をする感覚ではなく、遊びながら、また生活の中で英語は身に着けるようです。

 

また、大人も一緒に楽しむことでより子どもは楽しめるようですね。

 

その14:世界の人と関わる時間を作る。

英語も身に着ける楽しさを体感できるのが重要なようです。

 

とりあえず、学ぶより、英語の必要性を肌で感じられるのは子どもにとって良いですね。

 

まとめ

ぜひ参考にしてください。

-おすすめ情報
-

Copyright© To Be blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.