健康カプセルで春野菜のキャベツと玉ねぎの活用術を平柳要医師が伝授

レシピ

健康カプセルで春キャベツと新玉ねぎのレシピと活用術を平柳要医師が伝授

2020年3月15日放送の健康カプセル!ゲンキの時間で春野菜のキャベツと玉ねぎの活用術が紹介されました。

 

教えてくれたのは、食品栄養研究所所長の平柳要医師です。

 

春キャベツと新玉ねぎのレシピと活用術

春キャベツの活用術

活性酸素を除去する働きやβカロテンは新陳代謝を活発しにして美肌効果が期待できるようです。

 

春キャベツは細かく切ることでイソチアネートの分泌を促進します。

 

イソチアネートはがんの発生を40%防ぐようです。

 

また、キャベツには、S-メチル・メチオニンとういう成分が多く含んでいて、肝機能回復や、胃腸粘膜保護、胃酸分泌抑制の効果が期待できるようです。

 

美味しい春キャベツを見分けるポイント

葉の色が紫であることだそうです。

 

葉が紫なのに日光の影響で光合成を防ぐために紫になることで、栄養が豊富だそうです。

 

春キャベツの塩昆布和えの材料

  • 外葉8枚
  • 塩昆布

春キャベツの塩昆布和えの作り方

  1. 春キャベツの外側の葉をむきます。※外側の葉はビタミンCを多く含んでいます。
  2. 葉を上下に切ります。
  3. 上の歯生食用に、下の葉は加熱ようにします。※水にさらすとビタミンCがかなり流れてしまいます。
  4. 切った上の葉を細かく刻んで塩昆布と混ぜれば完成です。

春キャベツのキャベコロの材料

  • キャベツ:1/2個
  • 豚ひき肉:100g
  • オリーブオイル:適量
  • 小麦粉:適量
  • 牛乳:大さじ1
  • 溶き卵:1個
  • カレー粉:小さじ1
  • 塩こしょう:適量
  • パン粉:適量
  • 揚げ油:適量

春キャベツのキャベコロの作り方

  1. 外側の葉を半分に切り、下の部分を千切りにします。
  2. オリーブオイルで軽く炒めます。
  3. ボウルに、2のキャベツ、小麦粉、牛乳、カレー粉、塩コショウを入れて混ぜる。コロッケの形に整形します。
  4. 3に溶き卵、パン粉をつけて、油で揚げれば完成です。

 

新玉ねぎのレシピと活用術

新玉ねぎは外側の皮まで食べられるので、ケルセチンという血圧を下げるなどの効果があるようです。

 

玉ねぎは刻むと、細胞が壊れてイソアリシンという成分が発生して抗菌・抗ウイルスの作用があるようです。

 

また、イソアリシンは60℃程度の低温加熱を加えるとスルフィド類という成分に変化します。

 

作用の効果は多く、動脈硬化予防・血糖値抑制・がん予防・抗肥満作用・肝臓保護・アルツハマー型認知症予防の効果があるようです。

 

新玉ねぎの丸ごとサラダの材料

  • 新玉ねぎ:1こ
  • カツオ節:2g
  • 醤油:大さじ2

 

新玉ねぎの丸ごとサラダの作り方

  1. 新玉ねぎを皮ごとスライスします。※細かく刻むことで栄養素が出て摂取しやすくなります。
  2. カツオ節と醤油であえて完成です。

 

新玉ねぎの万能だれの材料

  • 新玉ねぎ:1こ
  • ごま油:大さじ1
  • 顆粒ダシ:小さじ1
  • 醤油:大さじ3

 

新玉ねぎの万能だれの作り方

  1. 新玉ねぎをみじん切りにします。
  2. 醤油ごま油、顆粒ダシを入れて混ぜれば完成です。

 

新玉ねぎの丸ごとトロトロバターの材料

  • 新玉ねぎ:1こ
  • バター:8g
  • 醤油:小さじ2

新玉ねぎの丸ごとトロトロバターの作り方

  1. 新玉ねぎを上から十字に切ります。
  2. 醤油とバターを玉ねぎに乗せて、レンジ(600w)で2分加熱すれば完成です。

 

春野菜のキャベツと玉ねぎのレシピと活用術まとめ

ぜひ、活用して美味しく食べてくださいね。

-レシピ
-

Copyright© To Be blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.