健康カプセル!ゲンキの時間で熱中症対策と治療方法を紹介

美容・健康

健康カプセル!ゲンキの時間で熱中症対策と治療方法を守谷俊先生が紹介

2020年8月9日放送の健康カプセル!ゲンキの時間で熱中症対策と治療方法が紹介されました。

 

自治医科大学付属さいたま医療センター救命救急センター長教授の医学博士:守谷俊先生いわく、夏の疲労が積み重なる8月は、熱中症が重症化しやすく、死亡者も増えるため注意が必要のようです。

 

 

熱中症対策と治療方法

初期の熱中症の症状

めまいや、大量の汗、筋肉の硬直など一見、熱中症と気付きにくい症状があります。

水分補給や涼しい場所に入れば症状がおさまりますが、続くと、頭痛や倦怠感や嘔吐が出始め、病院での治療が必要になるようです。

さらに、悪化すると、脳や肝臓、腎臓で炎症が起きて、多臓器不全で命を落とす危険があるようですよ。

昨年は7万人以上、救急搬送されたようです。

 

熱中症対策:睡眠不足

睡眠不足で自律神経が乱れ、体温調節機能が機能しなくなるようです。

すると、熱の放出がうまくできなくなり、熱中症になりやすくなるようですよ。

 

熱中症対策:時間差

日常的に暑さを我慢していると、疲労が蓄積して突然、熱中症になる可能性があるようです。

換気をしながら、エアコンで部屋の温度調節が必要ですね。

 

熱中症対策:病院を受診した方が良い目安

熱中症の初期症状は、めまいや立ちくらみのようです。

その場合、涼しい場所に移動して、水分補給をして、改善すれば病院に行く必要はないようですが、1時間ほど経過しても改善しない場合は、受診した方がよく、意識が朦朧とする場合は、救急に連絡した方が良いですね。

 

熱中症になりやすい人は、汗の出る汗腺が未発達の乳幼児、暑さを感じにくい、高齢者は注意が必要のです。

 

熱中症対策:冷やす場所

首を冷やす場合、前がわを軽く冷やすのが良いようです。

さらに、脇の下や足の付け根を冷やすのも効果的のようですよ。

 

まとめ

ぜひ、参考にしてください。

-美容・健康
-

© 2020 To Be blog Powered by AFFINGER5