おすすめ情報

ハナタカで自然薯の手のかゆみを防ぐ方法やおいしい食べ方を紹介

2020年3月26日放送のハナタカで自然薯の手のかゆみやおいしい食べ方が紹介されました。

 

ちなみに、自然薯と山芋の違いは山芋の中の一つの種類だそうです。

 

山芋の種類には長芋や大和芋もあるようですよ。

 

自然薯は伸びていく方より、上の方が粘りとアクが強いようです。

 

自然薯の手のかゆみを防ぐ方法やおいしい食べ方

自然薯の手のかゆみを防ぐ方法

自然薯の手をかゆみを防ぐ方法は酢水に手をつけるとかゆみを防げるようです。

 

かゆみの原因は自然薯のアルカリ性なので、酢の酸性で中和できるようですよ。

 

自然薯のおいしい食べ方

卵かけご飯の自然薯ver.です。

 

たまごと同じぐらいの量の自然薯をかけるとおいしいようです。

 

自然薯のネバネバのネチンは体によく、粘膜を保護する成分なんです。

 

なので、生で食べた方がおすすめですね。

 

最初は、少しづつ潰すように混ぜますが、その後は、縦に混ぜてください。

 

その理由は空気を入れるためです。ダマができず、口当たりがよくなるようです。

 

また、皮に栄養があるので、皮ごと、コンロで炙ったり、トロロとして食べるのがおすすめのようですよ。

 

 

まとめ

自然薯の手のかゆみを抑えれるのはすごいですね!

 

そして、自然薯を美味しく食べる方法も教えてもらえるのも嬉しいですね。

 

ぜひ、お試しください。

 

-おすすめ情報
-

Copyright© To Be blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.