美容・健康

健康カプセル!ゲンキの時間で春の感染症【溶連菌感染症・ロタウイルス・マダニ・レジオネア症】を紹介

2020年3月22日放送の健康カプセル!ゲンキの時間で春の感染症の予防法が紹介されました。

 

教えてくれたのは、医学博士の時松一成医師です。

 

ウイルスや最近が体内で増殖して、症状を引き起こすことが多くなるようです。

 

春の感染症

免疫力や抵抗力が下がると感染しやすくなってしまいます。

 

予防4原則:手洗い・うがい・マスク・人混みに行かない。

 

今の時期は、多くの人が気を付けていますね。

春の感染症①溶連菌感染症

子どもに多いと言われていますが、大人もかかるようです。

 

喉の扁桃腺に感染し、喉の腫れや、高熱を引き起こし4日ほど続くようです。

 

ほとんどが子どもからの感染なのですが、飛沫感染と接触感染で感染することも少なくりません。

 

肺炎や腎炎や極めて可能性は低いですが、劇症型溶連菌感染症に悪化してしまうこともあるようです。

 

春の感染症②ロタウイルス

体のだるさや高熱と吐き気です。

 

ノロウイルスと症状が似ていますが、ウイルスの量が全く違く、かなりウイルスの量が多く、感染力が強いそうです。

 

主な感染経路は、経口感染という、食べ物などから口に入るものが多いようです。

 

また、便器のフタからの感染が多いようですよ。

 

なので、便器のフタは閉めて水を流しましょう。

 

ロタウイルスはアルコールの耐性が強いようですよ。

 

なので、塩素系漂白剤を使い、2lの水に対して、キャプ二杯分の塩素系漂白剤の消毒液で対策をしてください。

 

 

春の感染症③マダニ(SFTS:重症熱性血小板減少症候群)

ダニとは、家に住み着くアレルギー症状を引き起こす虫です。

 

それに比べて、大きいようです。

 

そして、中には、ウイルスを持っているマダニがいるようです。

 

発熱や頭痛、筋肉痛、失語症などの神経症状、頸部リンパ節の腫れなどを伴うようです。

 

特に高齢者は重症になりやすいようですよ。

 

マダニに噛まれてしまったら、無理に取らないようにしましょう。無理にとるとマダニの牙などが残ってしまうようなので、残ってしまうようなので、病院にいきましょう。

 

手洗いの注意点と正しいやり方

  1. 指輪や腕時計を外す。
  2. 30秒ほどかけてしっかり洗う。
  3. 水分を拭き取りしっかり乾かす。

正しい手の洗い方①

水で濡らした手に石鹸をつけて泡立て手のひら・手の甲を洗います。

 

正しい手の洗い方②

指先・爪の間の手の平で擦ります。

 

正しい手の洗い方③

指を組むようにして指の間をこすります。

 

正しい手の洗い方④

親指を反対の手で握り、捻るようにこすります。

 

正しい手の洗い⑤

手首を洗います。

 

正しい手の洗い方⑥

石鹸を水でよく洗い流し、水分を拭き取り乾かします。

 

 

レジオネラ症

レジオネラ菌が呼吸器に感染すると、重篤な肺炎を引き起こします。

 

レジオネラ症の原因

加湿器の容器のぬめりにレジオネラ症は繁殖しやすいようです。

 

花粉症対策や感染症対策で加湿器を使う際は、その度に水洗いと乾燥をしっかりしましょう。

 

 

春の感染症のまとめ

ぜひ、参考にしてください。

-美容・健康
-

© 2020 To Be blog Powered by AFFINGER5