【激レアさんを連れてきた】洞窟おじさん「カズマさん」(加村一馬)を紹介。13歳で家を飛び出し43年間野山で原始人生活してた!?

おすすめ情報

【激レアさんを連れてきた】洞窟おじさん「カズマさん」(加村一馬)を紹介。13歳で家を飛び出し43年間野山で原始人生活してた!?

2020年4月25日放送の激レアさんを連れてきたで洞窟おじさん「13歳で家を飛び出し43年間野山で原始人生活してた!?カズマさん」が紹介されました。

 

 

洞窟おじさん「カズマさん」とは?

洞窟おじさん「カズマさん」のプロフィール

  • 本名:加村一馬(かむら かずま)
  • 生年月日:1954年8月31日生まれ
  • 年齢:73歳
  • 出身地:群馬県大間々町
  • 家族構成:8人兄弟の4男

洞窟おじさん「カズマさん」の経歴

貧しい農家に生まれた洞窟おじさんこと、カズマさんは、とても内気な性格のようで、学校や家庭でもその性格ゆえか虐められていたようです。

両親からの虐待もあり、特に父親からの身体的虐待は酷かったようですね。

家も貧乏であり、家庭にも学校に居場所がない中で家出を決意したようです。

 

洞窟おじさん「カズマさん」の初期装備

  • 干し芋
  • 醤油
  • ナイフ
  • ナタ
  • 砥石
  • マッチ
  • スコップ
  • 学生服
  • 学生鞄
  • 愛犬のシロ

中学でこの装備。そして、サバイバル知識や経験もなく、すごい決意ですね。

今の時期を考えるととてもたくましく生きる気持ちを学びますね。

 

洞窟おじさん「カズマさん」の洞窟生活

家出を初めて、たどり着いた場所は、実家から25kmも離れた栃木県の足尾銅山の廃鉱(洞窟)だったようです。

もちろん、初期装備の干し芋はすぐになくなり、狩猟と採取をするサバイバル生活のスタート。

ヘビ・マムシ・カエル・ネズミ・コウモリ・カタツムリ・ノウサギ・山菜・キノコなどをとっていたようです。

カズマさんいわく、マムシが好物だったようですよ。

ちなみに、タヌキは可愛すぎて食べられなかったようです。

 

洞窟おじさん「カズマさん」の猪狩り

罠で猪を生け捕りにしたようです。

その方法はいたってシンプル。

穴を堀り、猪を追いかけさせて、その穴に落とすだけ。

そして、なんと猪狩りは成功。

その素材で、服や靴にしたそうです。

モンスターハンターです。

洞窟おじさん「カズマさん」のクマとの遭遇

2回ほどクマとはち合わせ他ようです。

1回目は木に上り回避し、2回目はナタで撃退したようです。

モンスターハンターです。

 

洞窟おじさん「カズマさん」の愛犬シロとの別れ

そんな無敵のカズマさんにもダウンしてしまったことがあります。

それは高熱です。そこに濡れた布を持ってきたシロ。意識が朦朧とする中で、生死をさまよう時は耳を噛んで意識を戻してくれたようです。

でも、ある日の朝、突然。シロは冷たくなってしまっていたそうです。

 

洞窟おじさん「カズマさん」の再出発

洞窟生活の中で、愛犬のシロを失い、その思い出を忘れるためか、洞窟を出たそうです。

洞窟を出るときには、3年立っていました。

そして、その後は、場所を転々と変えて、福島・栃木・群馬・新潟・山梨と移動しながら自分だけの足で生活していたようです。

その中で、出会った人からお金や世間の情報を手に入れて、文明を感じられるようになっていったようです。

さらに、山菜で路上販売をしてお金も稼いだようですよ。

 

洞窟おじさん「カズマさん」逮捕

43年が経ちました。

56際の時に、どうしても喉の渇きを潤うすため、自販機で飲み物を買おうとするもお金を入れても出てこず、棒でこじ開けようとしているところを逮捕されてしまい、長かった家出(サバイバル生活)から卒業しました。

 

洞窟おじさん「カズマさん」のその後

サバイバル生活卒業後は、釣りを通じて知り合った。「藤澤敏孝さん」の好意で働き始めます。

藤澤敏孝さんは群馬県で複数の福祉施設を運営しているようで、カズマさんは、施設のメンテナンスや、雑草の刈り取り、ブルーベリー畑の栽培などの仕事をしているようです。

そして、施設内で家を建て、電気のある生活をしているようですよ。

 

 

まとめ

すごい人生ですね!

あきらめずに生きることの凄さを学べますね。

-おすすめ情報
-

Copyright© To Be blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.