【激レア】ホシさん「炎の天狐トチオンガーセブン」(油揚げ職人・特撮ヒーロー)を紹介

おすすめ情報

【激レア】ホシさん「炎の天狐トチオンガーセブン」(油揚げ職人・特撮ヒーロー)を紹介

2020年5月16日放送の激レアさんを連れてきた。で、ホシさん(油揚げ職人・特撮ヒーロー)「炎の天狐トチオンガーセブン」が紹介されました。

 

ホシさん「炎の天狐トチオンガーセブン」(油揚げ職人・特撮ヒーロー)

ホシさんのプロフィール

名前:星 知弘(ほし とものり)
生年月日:1970年4月8日
年齢:48歳
出身:新潟県長岡市(旧栃尾市)
職業:油揚げ職人/トチオンガーセブン

 

ホシさんの経歴

ホシさんは新潟産業大学附属高を卒業後海上自衛隊や営業マンを経て1993年、星知弘さんが23歳の時に実家の油揚げ店を手伝い始めたようです。

ホシさんは30歳を過ぎた頃から「子供たちに何かを伝えられるヒーローを作りたい」と決意。

特撮ヒーローの構想を温め2015年に登場したヒーローがトチオンガーセブンだったようです。

トチオンガーセブンを演じているのはもちろん、ホシさん。

地元栃尾を舞台にした設定やストーリーからマスクや衣装は全て星知弘さん自らがデザインして製作したようです。

 

「炎の天狐トチオンガーセブン」とは?

ホシさんは2015年から炎の天狐トチオンガーセブンとして活動を開始します。

地元の保育園で子どもたちと触れ合ったり地元のイベントではホシさんオリジナルの脚本でヒーローショーを熱演するなど活動を広げていきました。

そんなホシさんに運命的な出会いがありました。

ホシさんの友人で特撮に詳しい人経由で新潟テレビ21のプロデューサーと知り合いになり、そのプロデューサーから「特撮ドラマやんない?」って誘われたようです。

「ただし、テレビ局側は製作費が出せないからホシさんが自腹で200万円を用意してくれたらテレビで放送できるよ。」

と、かなり厳しいオファーでしたが、ホシさんは快諾。

星知弘さんは制作費を節約するために主演、原作脚本(1話30分)、主題歌(作詞・歌)、制作、美術と1人で5役分をやり遂げました。

 

越後の小さな田舎町栃尾で油揚げ店を営む星狐太郎。平凡で幸せな日々を送っていた狐太郎は、最近不可解な夢に悩まされていた。夜な夜な夢に現れる狐の神トチオンガーの不吉な予言。現代に復活した蛇王ゲドロン率いる蛇王一族を倒すため、トチオンガーとともに戦えというのだ。平和な日常を愛し、戦いを拒みつづける狐太郎。 そんなある日、狐太郎は突然ゲドロンに捕らえられる。田舎町の平凡な油揚げ職人でしかない星狐太郎。しかしその正体は、平安時代に復活したヤマタノオロチを倒し、栃尾の地に封印した狐の神栃尾之牙(トチオンガー)とともに戦った人間、星狐童の子孫だったのだ。 トチオンガー復活を阻止するため、狐太郎の処刑を目論む蛇王ゲドロン。危機一髪!狐太郎は処刑が執行される直前、トチオンガーに救われる。しかし霊体のみの完全体ではないため苦戦するトチオンガー。危うしトチオンガー!狐太郎よ!現代に復活した蛇王一族と戦うために狐の神トチオンガーと融合し、トチオンガーセブンとなるか?!

 

「炎の天狐トチオンガーセブン」が映画化

翌年2018年にはなんと映画化が決定しました。

この映画はホシさんが高校時代を過ごした柏崎を舞台にした作品で「相棒」や「探偵はBARにいる」を手掛けた橋本一さんが監督を引き受けてくれました。

橋本一監督はホシさんの熱い想いを受けて「ただ同然の報酬」で監督を受けてくれたようですよ。

 

他にも出演者は柏崎市出身で元「モーニング娘。」の小川麻琴さん、「ウルトラマンレオ」で主役のおおとりゲン役を演じた真夏竜さんも出演し、豪華キャストとなっているようです。

 

 

まとめ

夢を諦めない姿本当にカッコ良いですよね!

正義のヒーローになってしまうなんてすごいです。

-おすすめ情報
-

© 2020 To Be blog Powered by AFFINGER5