あさイチでプチサバイバル術を国崎信江さんが伝授

おすすめ情報

あさイチでプチサバイバル術を甲谷保和先生が伝授

2020年3月23日放送のあさイチでプチサバイバル術が紹介されました。

 

教えてくれたのは、横浜市「はまぎん こども宇宙科学館」科学コミュニケーターの甲谷保和先生です。

 

プチサバイバル術

プチサバイバル術:トイレ編

非常時は、水洗トイレの使用は中止するように言われているようです。

 

地震などで排水管が外れている場合があるので、トイレやお風呂の水を流すのはやめましょう。

 

なので、そういう時は、非常用トイレを使いましょう。

 

<<amazonでみてみる>>

 

しかし、非常用トイレがない場合は、保冷剤を使いましょう。

 

保冷剤を袋からだし、塩をふりかけてから水と分離したのち、ペーパータオルなどでろ過をして、1日ほど乾かすと使えるようです。

 

また、ビンなどに入れて冷蔵庫などで保存すれば半年ほど保存できるようです。

 

 

<<使い方>>

  1. 便座をあげてゴミ袋を入れます。
  2. 便座を下げて便座の上からもゴミ袋を入れます。
  3. 凝固剤を入れて排泄をします。
  4. 排泄物を処理したのち、便座をあげてゴミ袋を次の人のためにセットしましょう。

他には、ゴミ袋の中にちぎった新聞紙を入れて、漂白剤を入れても非常用トイレの代わりになります。

 

プチサバイバル術:電気編

懐中電灯に丸めたティッシュを置くだけです明るくなるようです。

 

他には、ペットボトルの中に牛乳を入れると光が乱反射して明るくなります。

 

他には、栄養ドリンクがおすすめのようです。

 

 

プチサバイバル術:食事編

そうめんがおすすめのようです。

 

そうめんは、洗わなくても食べれるようです。

 

そうめんのスープは野菜も一緒に美味しくできるようです。

 

冷蔵庫に残っている野菜を細かく刻み、鍋に具を入れて火をつけ、沸騰するのを待ちます。

 

沸騰してから中火で5分、そうめんを茹で、塩で味を整えれば完成です。

 

お米は、茹でても炊けるようです。

 

こう密度ポリエチレン袋にお米を入れて空気が入らないようにしましょう。

 

空気が入ってしまうと、茹でる時に浮いてしまうので、入らないように気をつけましょう。

 

  1. 1袋について1合を入れて、120mlの水を入れます。
  2. 空気が入らないように袋の口をしばってから10分間、米に吸水させます。
  3. 鍋の下にお皿をしいて、袋を熱から守ります。
  4. 蓋をして強火にします。
  5. 沸騰したら弱火で20分茹でます。
  6. 火を止めて10分蒸らせば完成です。

 

まとめ

ぜひ、参考にしてください。

-おすすめ情報
-

© 2020 To Be blog Powered by AFFINGER5