「嵐にしやがれ」で台湾料理を紹介!都内で食べられて超おすすめ。

おすすめ情報

「嵐にしやがれ」で台湾麺線の台湾のソウルフード「麺線」などの台湾料理を紹介!

2020年2月1日

2020年2月1日に「嵐にしやがれ」で台湾料理について紹介されました!

 

台湾のソウルフード「麺線」

東京・御成門「台湾麺線」

麺線とは台湾で代表の麺料理です。

 

  • 「ヘルシーなのでラーメンを食べるより罪悪感がない。」
  • 「初めて食べて感動!やみつきになる。」

 

とのこと。

 

台湾から直輸入されている麺線を使っているようです。

 

小麦粉と塩、水で作った麺を煙で燻した作ったのが麺線です。

 

原材料はそうめんに似てますが、そうめんは油を使っいて、麺線は油を使わずに燻しています。

 

スープによく絡むように作られています。

 

エシャロッたやニンニク、生姜で作ったペーストに、味のベースとなる、焼津産のカツオ、豚のモツのスープを合わせて、麺線を茹でます。

 

とろみをつけるために、タピオカの粉を使います。

 

仕上げには、モツとパクチーを乗せます。

 

一日120杯も売れているようです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

* #台湾麺線 #魯肉飯 #新橋 #御成門 #台湾料理 #ランチ #さいぽんと

(@omi.m703)がシェアした投稿 -

737円(税込)

 

ちなみに、店主の林千笑さんは台湾人に間違えられるのが悩みのようですよ(笑)

 

1日400個が飛ぶように売れる水餃子

東京・中目黒「東京台湾」

  • 「皮が分厚くてもちもち。」
  • 「もちもちして何個でも食べれる。」

 

とのこと。

 

人気の秘密は皮小麦粉以外のものもブレンドをしているようです。

 

もちもち感を倍増させるために、こねてから一晩寝かせるのがポイントのようです。

 

あんは豚肉やニラ、キャベツの王道です。

 

これを厚めに伸ばした皮で包みます。

 

皮の包み方は企業秘密のようですよ。

 

 

お客さんのほとんどが注文する

名物水餃子550円(税込)

 

もちもちの食感と溢れる肉汁。

 

秘伝のタレで食べるのがおすすめです。

 

また、店内に飾ってある台湾雑貨も安く買えるようです。

 

台湾で最も有名な食べ物「魯肉飯(ルーローハン)」

東京・要町「有夏茶坊」

  • 「この店の魯肉飯は本格的と台湾の方も言うほどの本場の味。」
  • 「日本でも故郷の味が食べれてすごく嬉しい。」

とのこと。

 

皮付きの豚バラ肉を厚めに切って炒めます。

 

タレは台湾の甘い醤油をベースにしたお店オリジナル。

 

炒めた豚バラ肉と合わせたら、台湾産のお酒や、八角、シナモン、氷砂糖で甘さをプラス。

 

匂いづけで揚げネギろ加えます。

 

弱火で45分煮込んで一晩寝かせて完成です。

 

肉にタレがしっかりとしみ込んで箸が止まらないとのこと。

 

最後に自家製高菜とパクチーを添えて完成です。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

#要町 #台湾料理 #有夏茶坊 #牛肉麺 #るうろうはん 美味しかった〜〜 #パクチー 大好きww

angy.sujiin(@angy.sujin)がシェアした投稿 -

魯肉飯650円(税込)

 

お好みで自家製ラー油もどうぞ。

 

創業42年の数多くの著名人も常連をうむ、豚の角煮

東京・世田谷「光春」

岩手県産の岩中豚を使用。

 

まず、肉の組織が壊れないように冷凍してから半解凍の状態で切ります。

 

黒こしょうと卵を表面になじませて企業秘密の粉をまぶします。

 

独特の製法、肉汁が出ないように、そしてタレが衣に絡むように煮る前に油であげます。

 

玉ねぎ、にんにくが入った特製ダレで煮込みます。

 

丁寧にあく抜きしながら、3時間煮込みます。

 

そして、肉に味がしみ混んでから、タレと絡めて完成です。

豚の角煮1980円(税込)

 

タピオカと並ぶスイーツ「豆花(トウファ)」

東京・新宿「騒豆花」

  • 「豆からできているので、口当たりも良く、ヘルシー」

濃厚で香りが強い、台湾産の大豆で豆乳を作ります。

 

その豆乳の作り方は企業秘密のようです。

 

台湾版の豆腐といちごシャーベットと10個分のとちおとめを乗せて。

 

パールタピオカ生クリームと練乳をかけます。

 

イチゴ豆花1474円(税込)

 

まとめ

どれも、美味しそうですね!

 

中華料理と比べるとどれも、脂っこさはなさそうですね。

 

ヘルシーかもしれません!

 

ぜひ、ご趣味あれ。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-おすすめ情報
-

Copyright© To Be blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.